QLOOKアクセス解析

新しい朝が来た

その日暮らしなワタクシのこと
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 気持ちだけじゃ勝てない 気持ちだけでも勝てない | main | 私は私に生き他の人は他の人に生かしめよ >>

もう一度夫に出会う

ワイ氏がお酒無しで生きることを初めて以来、ワイ氏との関係がとてもぎくしゃくしている。ワイ氏が怒りの本質を酒でごまかすことをやめてからだと思うのだが、どうにもワイ氏が怖くて仕方がないのである。そして私に寄りかかってくるように感じられることが窮屈なのである。

思い返してみれば、結婚してから、いや、その前から既に、ワイ氏はずっとお酒を飲んでいた。アルコール依存症になったのはもっと後のことなのだが、お酒に頼らなければ生きていけなかったであろう頃のワイ氏は、酒なしで生きる今のワイ氏とは別人である。
そんな別人のワイ氏と夫婦として暮らしていく事への戸惑いが私の中にあるのだろうと思う。
何処まで近づけばいいのか、或いは離れればいいのか、分からないのである。(精神的に)
いわゆる「境界線」のひき方がよく分からないのだ。

私は他人とお近づきになるときはとても慎重である。いきなりずけずけと人の懐に入り込んだことで多くのトラブルを生んだ苦い経験があるし、この人は!と思って飛び込んでいった人から痛いしっぺ返しを食らったこともある。
だから今の私は、まずはとても離れたところからそっと、そぉっと近づいていき、肩が触れるほど近くに寄ることができるようになるのにはとても時間がかかるのである。

ワイ氏は私にとっては「初めて会う人」に等しい存在となっている。二人の間の距離感を計りかねて、近づくのに躊躇している。
ところが、ワイ氏は一方で10年以上一緒に暮らした夫でもある。そしてワイ氏自身は私に夫婦としての関係を期待している。当然だ。夫婦なのだから。
だが私にはこれが、時にはとても苦痛に感じられてしまうのである。
初対面の人がいきなり鼻先に顔を突きつけてきたら、思わずのけぞってしまうように、私は後ずさりするしかなくなってしまう。ワイ氏には多分それが理解できないのだろうと思うのだ。

初対面の人なのに夫婦である。
このような状況の中では私は戸惑うしかない。その戸惑いをうまく夫に伝えることができない。それを伝えることでワイ氏の心をかき乱し、それが最悪の結果に結びつくかもしれないと恐れてしまう。
だから私はもっとワイ氏と距離を置きたい。もう一度少しずつ近づいていって、新しい夫婦、家族のあり方をワイ氏と共に探っていきたいと思っている。だがワイ氏は「まず夫婦関係ありき」で私と関わろうとしてくる。そこにギャップが生じる。

ワイ氏とはなかなか話をする時間が取れない。話をするのが怖い、と言うのもある。ついはぐらかしたような受け答えをしてしまってなおさらワイ氏を怒らせてしまう。
本当は、このような戸惑いの中にいる私、しばらくの間ワイ氏との距離を置いて、まずは自分自身を見つめ直したい、と思っている私をワイ氏に受け入れてもらいたいと思っているのだが、これは私の我が侭だろうか?
私自身が「まずは夫婦関係ありき」で接してくるワイ氏を受け入れがたく感じていることは私の我が侭だろうか?
「しばらくの間そっとしておいて欲しい」
と言えたら楽なのになぁ、と思う。
そのまんま | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://1ststep.silver.egoism.jp/trackback/69558
この記事に対するトラックバック
QLOOKアクセス解析