QLOOKアクセス解析

新しい朝が来た

その日暮らしなワタクシのこと
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 女の子たち〜!サッカーやろうよ〜〜♪ | main | ドアラ…君は何処へ >>

毎日新聞



テレビでは放送していませんが、一部の週刊誌やネットニュースで取り上げられています。
社会の公器としての新聞社がこのような記事を約10年間にわたって海外に配信し続けていたという事実を、決して見過ごすことはできません。

毎日新聞「低俗すぎる記事」騒動 新聞各紙、ネットメディアも報じる

毎日新聞が伝える日本人の休日「海外でレイプと人狩り」

毎日新聞社の日本の悪評バラ撒き行為。コーナーだけではなく社全体で行っていた可能性

英語版サイトに「低俗」な日本紹介記事を掲載 毎日新聞がおわび

毎日新聞の「低俗」英文サイト問題で処分

毎日新聞、HENTAI記事の責任者が揃って昇格。処分は一体どこに?

毎月40万人の外国人に日本の悪評をバラ撒いていた毎日新聞

ざっと検索をかけただけでこれらの記事がヒットします。まだまだ他にも沢山あります。
なぜ、「日本」の「クオリティーペーパー」と呼ばれる、「三大新聞社」の一角をになう「毎日新聞」が、日本を貶めるような記事を海外に垂れ流していたのか。私は上記の謝罪や責任者の処分(という名の昇格?)を受けても到底納得がいかないし、悲しい気持ちで一杯になります。

毎日新聞は何をしようとしていたのか、何処へ行くつもりだったのか。
本当の意味での「責任」を全うして欲しい、と私は心から思います。
毎日新聞問題の情報集積wiki
そのまんま | permalink | comments(0) | trackbacks(1) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://1ststep.silver.egoism.jp/trackback/751340
この記事に対するトラックバック
毎日新聞英語版 「変態ニュース」コーナー閉鎖、ってありますが、3大誌がこんな内....
毎日新聞 | つよしの出来事 | 2008/07/02 3:14 PM
QLOOKアクセス解析