QLOOKアクセス解析

新しい朝が来た

その日暮らしなワタクシのこと
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 中川昭一前金融担当大臣の断酒宣言 | main | 自分で自分の身体にお灸を据えるってどんだけMなんですか >>

分かち合い

マラドーナ監督 ニュージーランドとの親善試合でオルテガを招集へ
魚拓はこちら

【8月7日 AFP】サッカーアルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ(Diego Maradona)監督は6日、ニュージーランドとの親善試合でアリエル・オルテガ(Ariel Ortega)を招集すると発表した。

 9月30日に行われる同試合でアルゼンチン代表は、オルテガを含め国内リーグに所属する選手だけで構成されることになる。

 オルテガはW杯に3度出場して名をはせたが、その一方でアルコール依存症という不名誉を背負っており、今回マラドーナ監督は、35歳の同選手が長きにわたってアルコール依存症を克服しようと奮闘する中で招集に踏み切った。

 アルゼンチンのラジオ・ミトレ(Radio Mitre)に対しマラドーナ監督は「オルテガをメンバーに招集するつもりだ。アリエルは治療を受け、トレーニングを継続している」と語っている。

 オルテガと同様に、現役時代の輝かしいキャリアの一方でコカインの使用や荒れたライフスタイルにより体重が激増し、深刻な健康問題に苦しむなど大きく評判を落としたマラドーナ監督だが、そのような困難な時期にこそ家族の大切さを思い出すことが不可欠だと語っている。

 マラドーナ監督は「彼(オルテガ)はもっと子供たちのことを考えるべきだ。(マラドーナ監督の娘)ダルマ(Dalma)とジャンニーナ(Gianinna)には私のそばで大いに力になってもらった。彼もそうすればきっとこの状況を抜け出すことができる」と語っている。

 W杯では1994年大会でマラドーナ監督と共にプレーし、続く1998年大会、2002年大会にも出場したオルテガは、欧州ではスペインのバレンシア(Valencia CF)、イタリアのサンプドリア(Sampdoria)とパルマ(Parma AC)、トルコのフェネルバフチェ(Fenerbahce)でプレーしている。

 代表復帰についてオルテガは「とても幸せだ。アルゼンチン代表のユニフォームに再び袖を通すことは、私にとって大いにプラスになるだろう」と語っている。(c)AFP


今だにマラドーナがアルゼンチンの代表監督だというのが自分の中にすとんと落ちてきていないのだが、その代表監督・マラドーナが、依存症で苦しんでいるサッカー選手に立ち直りの機会を与えた、と言うニュース。
親善試合ではあるが、これはやはり異例のことなのだろうと思う。練習のピッチサイドで、分かち合い、するのだろうか。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へにほんブログ村
アルコール依存症 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://1ststep.silver.egoism.jp/trackback/918895
この記事に対するトラックバック
QLOOKアクセス解析