QLOOKアクセス解析

新しい朝が来た

その日暮らしなワタクシのこと
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

分かち合い

マラドーナ監督 ニュージーランドとの親善試合でオルテガを招集へ
魚拓はこちら

【8月7日 AFP】サッカーアルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ(Diego Maradona)監督は6日、ニュージーランドとの親善試合でアリエル・オルテガ(Ariel Ortega)を招集すると発表した。

 9月30日に行われる同試合でアルゼンチン代表は、オルテガを含め国内リーグに所属する選手だけで構成されることになる。

 オルテガはW杯に3度出場して名をはせたが、その一方でアルコール依存症という不名誉を背負っており、今回マラドーナ監督は、35歳の同選手が長きにわたってアルコール依存症を克服しようと奮闘する中で招集に踏み切った。

 アルゼンチンのラジオ・ミトレ(Radio Mitre)に対しマラドーナ監督は「オルテガをメンバーに招集するつもりだ。アリエルは治療を受け、トレーニングを継続している」と語っている。

 オルテガと同様に、現役時代の輝かしいキャリアの一方でコカインの使用や荒れたライフスタイルにより体重が激増し、深刻な健康問題に苦しむなど大きく評判を落としたマラドーナ監督だが、そのような困難な時期にこそ家族の大切さを思い出すことが不可欠だと語っている。

 マラドーナ監督は「彼(オルテガ)はもっと子供たちのことを考えるべきだ。(マラドーナ監督の娘)ダルマ(Dalma)とジャンニーナ(Gianinna)には私のそばで大いに力になってもらった。彼もそうすればきっとこの状況を抜け出すことができる」と語っている。

 W杯では1994年大会でマラドーナ監督と共にプレーし、続く1998年大会、2002年大会にも出場したオルテガは、欧州ではスペインのバレンシア(Valencia CF)、イタリアのサンプドリア(Sampdoria)とパルマ(Parma AC)、トルコのフェネルバフチェ(Fenerbahce)でプレーしている。

 代表復帰についてオルテガは「とても幸せだ。アルゼンチン代表のユニフォームに再び袖を通すことは、私にとって大いにプラスになるだろう」と語っている。(c)AFP


今だにマラドーナがアルゼンチンの代表監督だというのが自分の中にすとんと落ちてきていないのだが、その代表監督・マラドーナが、依存症で苦しんでいるサッカー選手に立ち直りの機会を与えた、と言うニュース。
親善試合ではあるが、これはやはり異例のことなのだろうと思う。練習のピッチサイドで、分かち合い、するのだろうか。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へにほんブログ村
アルコール依存症 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

中川昭一前金融担当大臣の断酒宣言

中川昭一氏 支持者ら前に断酒宣言 背景に苦戦の予想
毎日新聞 8月9日20時21分配信 毎日新聞
http://s03.megalodon.jp/2009-0809-2119-31/mainichi.jp/select/today/news/
20090810k0000m010040000c.html(魚拓)

 2月の「もうろう会見」で醜態をさらし、財務・金融担当相を辞任した自民前職の中川昭一氏(56)=衆院北海道11区=は9日、地元・帯広市で開いた総決起大会で「日本のために、皆様方のために、酒を断つ」と宣言した。

 中川氏は冒頭、支持者約1700人を前に「(皆さんを)一気に失望させてしまった。本当にご迷惑をおかけした」と陳謝。その後、登壇した叔父の中川義雄参院議員(71)が「断酒をすればもっと強い政治家になれる。叔父として命じたい」と促すと、中川昭一氏は再登壇し、真剣な口調で断酒を宣言。会場からは拍手がわいた。

 もうろう会見について中川氏は一貫して「疲労や風邪薬の飲み過ぎ」と釈明し、飲酒が原因ではないことを強調してきた。しかし、もともと酒好きとして知られ、支持者の間では飲酒のマイナスイメージを払しょくできずにいた。次期総選挙で苦戦を予想されていることが、断酒宣言の背景にあるとみられる。

 大会後、中川氏は報道陣に対して断酒の期間については答えなかった。妻の郁子さん(50)は「(辞任後は)私の目の前で飲んだことはなく、飲んで帰ってきたこともなかった。断酒ということは(期間は)一生ではないでしょうか」と話した。【田中裕之】

上記の記事に関する2chニュース速報+のスレッドはこちら↓
【政治】「日本のために、皆様方のために、酒を断つ」中川昭一氏、支持者ら前に断酒宣言 背景に苦戦の予想 帯広市での総決起大会で★2
↑の魚拓
スレをざっと読むと、少なくともこのスレッドを訪問する人はそこそこにアルコール依存症についての病識のある人が多い印象を受けました。
もともと酒での失敗談に事欠かなかった中川氏のことですから、もともと酒やアル症に感心のある人がスレを訪問しているという可能性もありますが。中川氏の自殺した(と言われる)父上(中川一郎氏)も、お酒には問題のあった方だと聞きます。wikipedeia→中川一郎
奥方のコメントを読む限り、彼女も勉強しているな、と感じます。
個人的には中川氏の政治的信条に共感している者として、中川氏の奮起を期待するものですが、周りの人間は、ただ見守ることしかできないのであります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
アルコール依存症 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

投票権乱用防止 『ダメ。ゼッタイ。民主党』

投票権乱用防止 『ダメ。ゼッタイ。民主党』

「子供手当」や「高速道路無料化」「国民の生活が第一」「友愛政治」等の甘い言葉に騙されて、一度でも任せたら決して元の日本には戻れません。あなたの未来を奪います。投票権の乱用は国を破壊します。

「一回だけ!」が、二度と戻れなくなる民主党「麻薬法案」の数々。

●国柄を破壊し、国力を衰退させる「麻薬法案」
01:地方自治体を破壊する「外国人の地方参政権附与」法案
02:新日本人を作る「国籍法」改正・「重国籍容認」の法案
03:治安の悪化も無視し「移民一千万人」を受け入れる法案
04:地方と国家を同格と見倣して「地域主権」を目指す法案
05:家族関係を崩壊させる民法改正「選択的夫婦別姓」法案

●国民の誇りを奪い、無気力させる「麻薬法案」
06:自虐史観を法定化する為の「恒久平和調査局」設立法案
07:証拠無用で「慰安婦への謝罪及び賠償」をする為の法案
08:靖國神社を廃し「無宗教国立追悼施設」を設置する法案
09:科学・技術・教育を破壊する「独立行政法人」全廃法案

●国民の良識を麻痺させ、黙らせる「麻薬法案」
10:委員会が独断で決める「人権侵害救済機関」の創設法案
11:日本の良識を無効化する「国際機関への個人通報」法案
12:マスコミの暴走を助ける「通信・放送委員会」設置法案

●領土を売却し国家主権を明け渡す「麻薬法案」
13:通貨統合、政治的統合を目指す「東アジア共同体」法案
14:沖縄に「三千万人の外国人」を長期滞在させる為の法案
15:沖縄の「主権」を移譲し、「一国二制度」を目論む法案
16:沖縄の多言語化、「中国語の正規科目化」を目指す法案

 以上、「民主党政策集 INDEX2009」「民主党HP」より抜粋。
なお、民主党HPアドレス直下の「ディレクトリ: china」には、民主党・中国共産党「交流協議機構」があり、そこには日本の属国化を目論む「大長城計画」に関わる人々の「満面の笑み」が掲載されています。そして、沖縄の主権移譲はその第一歩。


大陸からの指示を受け、半島からの支援を受けている政党が、「日教組のドン」を文科大臣に担ぎ、自衛隊解体を叫ぶ人間に防衛大臣の椅子を与えようと企み、そして、そのトップは「日本は日本人だけのものではない」と公言する地獄絵図。これでお分かりでしょう、民主党が「国民」という言葉を使う時、それは「日本国民」を意味しないのです。「日の丸」を掲げず、「君が代」を忌み嫌う民主党は日本の政党ではない、「日本人のための政党」では断じてない。

甘い誘いに騙されない、強い意志を持とう!
軽い気持ちの一票が、日本を狂死させる。
「一回だけなら」「ちょっとだけ」が命取り。

分からないことがあった時は一人で悩んでいないで、なんでも相談して助け合うことが大切です。家族・先生・友達・近所の人達、みんなとの情報交換を大事にすることです。どんな誘いにも毅然と、『ダメ。ゼッタイ。民主党』と断る勇気と意思を持ちましょう。


夕刻の備忘録から。なんか、本当に民主党ヤバイです。自分で知ろうとすることって、大切ですね。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
そのまんま | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

通院

変なできモノができたので、皮膚科に行く事にしました。夏場だからなのか、病院は滅茶苦茶混んでいます。
携帯で時間潰しをしようかと思っていたのですが、こんなことなら麻生太郎の「自由と繁栄の弧」でも持って来れば良かったです。
やはり時間潰しには読書が一番ですね。

よく怪我や病気をする息子と娘を、病院に何百回連れて行ったか分かりませんが、私が自分の為に病院に行く事はあまりありません。膝に爆弾を抱えていたり、ギックリ腰持ちだったりして、それなりにリスキーなわけですが、内科系は比較的丈夫なのが救いです。(その分の通院は夫が数を稼いでくれていますが)
病院によっては待ち時間が長く、その分何かとても時間を無駄にするような気持ちになります。まぁ、普段から時間をドブ川にダバダバ捨てているので、ことさらに待合室で過ごす時間を勿体ながっても仕方ないのではあります。そういう時に限って、普段やりもしない事がどんどん頭に浮かんで来て、「この時間を有効に使えば、あんな事も出来るこんな事も出来る」と焦ったりするのですが、実際にその時間を使えたら、それらの事を行なうかと言えば、絶対にありえないのであります。
それよりも、この無駄に過ごす待ち時間が自分の為にあるのだと考えれば、それもまた良しかもですね。こうやってブログも更新出来るわけですし。
しかしまだ当分名前は呼ばれそうにないな………。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ
そのまんま | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

長野県の選挙区

何かと話題の総選挙ですが、長野県4区には民主党から「あの便箋」毎日新聞元メディア局長で現在は休職中の方が立候補していたりします。
いやー、なんとしたものやら。

対する自民党の候補者は、民主党から初当選した後自民に鞍替えして現在2期目の方だったりして、なかなか複雑な感じです。
私は
「自民に行って正解でしたよ」
と思いますけれども、地元の支援者の中には、
「何で民主から離れたんだ。今度の選挙で落選するぞ」
と焦る方も多いのではないでしょうか。ちゃんと情報を見れば、どっちがいいかは明白だと思うのですけれど。


メンバー登録が必要です

にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ
そのまんま | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

いじめはなくならない

社会的な影響力が絶大なマスコミ、とりわけテレビの世界ではいじめが甚だしい。
バラエティ番組における「イジる」と称する若手お笑い芸人へのいじめに始まって、犯罪被害者への執拗で無責任な取材、決め付けに依る加害者呼ばわり。不祥事を起こした企業や役人に対するスキャンダラスな報道、果ては日本の為に働く政治家や自衛隊に対するどうでもいいような事を取り上げた叩き等。揚げれば枚挙に暇がない。
一方で自らの不祥事には甘い、隠蔽体質には呆れる他ない。
最早マスコミには報道機関としては何等期待出来ることはない。
ゲームや漫画、アニメの弊害を声高に叫ぶ前に、自らをしっかりと顧て頂きたいものである。
もし分かっててやっているなら、それこそ万死に値する所業である。
そのまんま | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

Like_Stream_of_The_River

スイカの共選所は見所満載です。

そのまんま | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

衆議院解散

仕事で見られないので、録画して後でしっかり見たいと思います。
マスコミの編集が入らないノーカットで見たいからです。

最近、ニュースがおかしいと思いませんか?
そのまんま | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

Waves_of_The_Watermelons

いつ見てもこの風景は壮観です。

そのまんま | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

結婚してから後悔しないために

※このエントリーはアルコール依存症には「あまり」関係ありませんが、私達の生活に直結した、大切なことについて書いています。

間近に迫った総選挙。
その結果如何によっては、私達の生活に重大な変化があるかもしれません。
ここはやはり、比較してみるのが一番です。
まずは民主党の政策パンフレット。
民主党の政策「生活をよくすれば、経済はよくなります」(民主党公式ウェブサイトより)
↑これは民主党の代表が鳩山由紀夫氏に替わった時に出されたもののようです。
そして自民党のパンフレットはこちら
政治はギャンブルじゃない 民主党の「お試し政権」に日本を任せられません(平成21年7月発行)(自民党公式ウェブサイトより)

自民党のネットCM




因みに今日のエントリーのタイトルは、上の自民党のネットCMからとってみました。自民党もなかなかどうして、面白いじゃないですか。

無理矢理このblogのテーマにこじつけると、良く言われる結婚についての格言にあるのが、
「結婚するまでは両目を開けて相手を見極め、結婚したら、片目を閉じて共に暮らす」
と言うものです。
しかし、片目をつぶってもどうしても見過ごせないようなことが起こってしまえば、如何にしても妥協できないような状況になってしまえば、夫婦は別れるしかなくなります。
しかしそれは結婚してからの話で、やはり、まずはしっかりと相手を見極めることが大事です。
テレビでやってて、何となく、とか、みんながそうだと言うから、というのは、恋人と気分やノリで結婚してしまうのと同じ事でありましょう。結婚よりも離婚の方がエネルギーを使う、とも言います。がんじがらめに縛り付けられて、身動きが取れなくなることもあるかもしれません。結婚したらバラ色の人生があるに違いない、と言うのが単なる幻想に過ぎないことは、私には明らかな実感としてあります。無論、相手が全部悪いと言うつもりはありません。私自身にも反省し、変えていかなければならないことはあります。

どちらの政党にも長所や短所はあります。ただ、本当に大切なことは何かをしっかりと見極め、調べて、しっかりと考えてから決めることが大切ではないでしょうか。

にほんブログ村 主婦日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
そのまんま | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
QLOOKアクセス解析