QLOOKアクセス解析

新しい朝が来た

その日暮らしなワタクシのこと
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ペースあげるぞっ

9月ですね〜
台風はすごかった。がたがたと雨戸を叩き、ごうごうとそこらじゅうで風が吹き荒れてた。
近所の植木がぱったりと倒れてた。


と言うわけで今日は7月30日のことを書きます。
明け方近くに眠り、子供たちに起こされた朝、PCを開くと夫からメールが来ていました。
?どうしても一人になりたかった。また連絡します?
と、ごく簡潔な内容でした。
夫は以前
「酒を飲むとみんなに迷惑をかけるから、もし飲みたくなったらどっかのホテルにでも泊まって飲んだくれるから」
と言っていました。
私と断酒の約束をしたすぐ後から、こんなことを言う夫に不信感を抱いたのは言うまでもありませんでしたが、案の定夫の断酒は長続きせず、今回ついにそれを実行するにいたってしまったと言うことが分かりました。
そして、まさかそんなことはないだろうと思ってはいましたが、事故に遭っているかもしれない、という漠然とした不安は拭われました。
しかし相変わらず所在は不明です。
私は
?事故にあったのでなくてよかったです。さすがに心配していました。子供たちも待っているので、必ず連絡を下さい?
と返信しました。
何もかも放り出したい気持ちは分かりますが、もし夫が私のことを不要だと考えているならば、きちんと(離婚の条件などごく具体的なことも含めて)話し合わないといけないと考えたのでした。
しかしそれっきり返事は来ず、待ってみようと思ってそれ以上メールもしなかったのですが、やはりもやもやした気持ちばかりが募りました。
翌日、私はある資格試験のために一日家を空けることになっていました。そして娘にはサッカーの試合があります。その日は一方で地域の祭りに参加したいと娘が話していたりして、私は夫に子供たちの世話を任せて試験に出掛けることになっていたのですが、夫を頼りにすることができなくなり、困ってしまいました。
私は試験に向けて、7月に入ってから、忙しい家事と幼稚園の役員の仕事の合間を縫って、夜寝る前などに一生懸命勉強していました。夫がいなくて子供の世話をする人がいないからといって、試験を取りやめるわけにもいきません。実母も義母も遠くに住んでいるので頼るわけにもいきません。
私は地区の祭りに行きたいといっていた娘を説得し、サッカーの試合に出場させることにしました。そして、サッカークラブのお母さん仲間に、娘を頼むことにしました。
朝早くから丸一日中、娘と息子の面倒を見てもらわなければならず、頼む私もとてもつらかった。申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
この日の予定はずっと以前から夫には伝えてありました。にも拘らず「一人になりたい」などという理由で家に帰ってこない夫を恨みました。

結局金曜日の夜も夫は帰ってこず、無論メールも電話もよこさず、腹立たしい気持ちは一向に治まりません。
前の夜にテレフォンセックスをした相手にまた電話しました。しかしその日はテレフォンセックスをすることはなく、夜明け近くまで夫の愚痴を聞いてもらいました。
彼はずっと付き合って話を聞いてくれました。
「精神状態が不安定みたいだから心配だね」
と言われて、はっとしました。
彼は酒を飲むと私にも攻撃的になりますが、自分自身に対しても自虐的な気持ちになるようです。そのことを思い出し、最悪の状況と言うのは、離婚をすることではなく、夫が自殺するかもしれないことだろうか、と考えました。
しかしそれよりも、私には怒りの気持ちのほうが強く、翌日は試験の日だと言うのに、ずっと愚痴をこぼし続けていました。
旧blog(livedoor) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

もうひと月たっちゃった・・・

オリンピック三昧の日々も今日で終わりです。日本の大活躍に喝采を送り、未来へ繋がる敗戦をした選手たちにエールを送り、私もがんばらなきゃと思う4年に一度のお祭りでした。スキーを楽しむ私にとっては、2年後の冬季五輪も楽しみです。世界のスーパープレーを堪能できるのを楽しみにしてます。

なんだか全然更新する気がなくて、眠いのも相変わらずで、やる気が起きないのもいつも以上で、もしかしたら私どっか具合でも悪いのかと思ってしまいますが、性欲と食欲は相変わらず旺盛なのですが、どっかおかしいなあと思います。
マイペースで、でもちゃんと書いていかないと先に進めないので、とりあえず後3日分、かな?お付き合いください。


さて、7月29日木曜日のことを書きます。

朝起きたとき、夫は割と普通の状態に見えました。前日の飲酒ですっかり怒っている私は、夫とまともに目を合わせる気にもならず、そっけない態度で送り出しました。夫は、申し訳なさそうに振舞っていましたが、謝る様子もないので、口をきく気にならなかったのです。
夫は本当に自分が悪いことをしたと思ったときには自分から謝りません。今まで何度も夫の飲酒に腹を立ててきた私ですが、夫から「ごめんなさい、もうしません」と言われたことは一度もありません。
子供たちは夏休みです。
しかし夕方からは娘のサッカーの練習があります。忙しくなりそうだと思っていたら、夕立が降って練習は中止になりました。
木曜日はいつもなら夫は早くに仕事から帰ってくる筈の日です。しかし夫は帰ってきませんでした。
「お父さん帰ってこないね」
という子供たちをなだめて寝かしつけてから、私はまたむかむかと腹を立てながら起きだしてきて、ネットサーフィンです。
おそらく仕事を終えてから(とその時は思っていました)何処かで酒でもかっくらっているのだろうと思い、カリカリした気持ちでとても眠る気になりませんでした。
が、帰らないなら帰らないで、連絡ぐらいはよこすべきだと思います。
「飲んでいるのか、仕事なのか分からないけど、今日は帰ってきますか?」
とメールを送りました。
しかしいくら待っても返事は来ず、むしゃくしゃした気持ちも収まりません。

ストレスを酒で発散することを悪いとは言いません。しかし、おぼれるように酒を飲み、自分を失うことは自分自身はおろか周りの人間も巻き込み、苦しめます。
今まで私たち家族は何度もそういうめにあってきて、実際に夫は何度も血を吐きました。子供たちは父親が酒を飲むことに対して拒否反応を示し、私は人が変わってしまう夫に嫌悪感を抱きます。
夫自身はおそらく、酒を飲む自分と、そうでない自分との人格の乖離に無意識のうちに苦しめられているはずです。それがまた新たなストレスとなって酒を飲むと言う悪循環に陥っているのです。
その悪循環を断つためには酒を飲むのをやめるしかないのです。自分でもそれを分かっているはずなのに、夫は私の言うことはおろか、医者の言うことすら聞きません。
私は無力であり、むしろ夫には悪影響しか及ぼさない存在なのではないかと考えるようになりました。
夫にとって、私は不要な存在なのではないかと思いました。
私は夫の心の拠り所ではないのです。夫が帰ってこないことが何よりの証拠です。


真剣に離婚を考え、投げやりで自堕落な気持ちになりました。
あちらこちらのエロサイトを回り、ツーショットチャットで知り合った人とテレフォンセックスをしました。しばらくの間電話も切らずに、ピロートークのようにいろいろ話しました。
旧blog(livedoor) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ちょっとずつ

やっと少し書き込みする気になってきました。

夫がいない前後の数日間のことをちょっと書いてみたいと思います。

何しろすごく精神的にきつかったので、多分その反動ですね。毎日すごくだらけてます。

えーと。まずは7月28日の水曜日まで戻って書いてみましょうか。

腰を痛めた私のために一週間早く夏休みをとって家のことをがんばってくれていた夫が、会社に行きました。
私の腰はだいぶ回復してきていて、所用で昼過ぎに外出しました。夕方戻ってくると、玄関から夫が真っ赤な顔をしてふらふらと外に出てきました。
仕事が速く終わったのだと思っていると、午後1時半には帰ってきたとのこと。私が家を出た直後にはもう帰宅していたことになります。
「おとうさんどうしたの?おしごともうおわり?」
と尋ねる息子に、夫は
「話したくない」
車のドアを開けるので、
「まさかこれからどこかに出掛けるつもりじゃないよね」
と私が言うと、
「煙草を取りに来ただけだ」
と言ってぷい、と家に戻り、リビングにごろりと寝転がって不貞寝を始めました。

私は、腰を痛めて動けないでいた間、夫が酒も飲まず、一生懸命に家のことをやってくれていて、家族の雰囲気もとても良くなっていて、この調子で行けばいいな、と思っていた矢先のことだったので、とてもショックを受け、かつ無性に腹立たしくなってきたのでした。
見れば台所の食器は食洗機が動いていて、炊飯器はご飯を炊いていて、エアコンのフィルターが外されていました。
「お皿洗ってくれたんだ。ご飯もやってくれてるんだ」
と戸惑いながら私が言うと夫は
「俺が言わなきゃお前は何にもやらねえじゃん」
と言います。
その日の日記にも書きましたが、用事を済ませて家に戻ったら、ちゃんと皿も洗うつもりだったし、ご飯の準備もするつもりでいました。
それまで家事もできないで動けなかったのが、やっと動けるようになって、少しずつでもやろうと思っていたところにその科白です。
カチンときました。
「そんなに早く帰ってこなけりゃいいじゃない。ちゃんとやるつもりでいました!」
私は夫が酒を飲んでいることですでに爆発寸前です。
エアコンの掃除も、やりかけのまま寝てしまって、結局フィルターを洗うのは私です。時間があってやれるときにやればいいものを、中途半端にしては全部私に押し付けるのです。
酒を飲んだ夫は自己中心的で、厭世的で、私に対してものすごく攻撃的になります。まだ暴力を振るわれないだけましだとは思いますが、私にとって到底受け入れられることではありません。
会社で何があったか知りません。何かひどいことを言われたのかもしれませんし、仕事でうまくいかなかったことがあったのかもしれません。しかし、医者からも止められている酒にいとも簡単に手を伸ばし、家族をないがしろにすることは許されません。
その夜はずっと腹立たしい気持ちで過ごし、子供にも八つ当たりしていたかもしれません。

夫と同じ空間で眠りたくなくて、いつまでも夜起きていました。
夫が好きなことをやるなら私だって好きなことをしてやる。それで家庭が崩壊しても構うものか。
夫は酒ばかりを頼りにし、私のことは役立たずだと思っている。そりゃ私自身は主婦としては最低の人間で、家事は嫌いだし、いつもいらいらして子供を怒鳴り散らしてばかりいる。主婦としてだけでなく、人間としても役立たずで、怠け者で、いないほうがいいと思われていると考えました。

家にある焼酎を引っ張り出してきて飲みました。たくさん飲みましたがちっとも酔えませんでした。
エロサイトをいくつか回って一人エッチもしてみましたが、気分が晴れるわけでもなく、ただむなしさが募るばかりです。
あの酒臭さが充満している部屋で寝るのが我慢ならなかったので独り別の部屋に掛け布団を持っていって眠りました。
気が立っていて、なかなか寝付けませんでした。
旧blog(livedoor) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ひとまず

詳しいことはまた書きますが第一報

夫が帰ってきました。
心配してくださった皆様、ありがとうございます。
旧blog(livedoor) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

行方不明

夫が行方不明である
昨日の朝「一人になりたい」と言うメールをよこして以降、全く連絡が取れなくなってしまった。
所在も不明。生死も不明。
精神的に折れやすい夫の今の精神状況を考えると、大変心配なのだが、どうしようもない。

今日も何度もメールや留守電を携帯に入れたのだが、どうも電源を切っているらしい。
木曜日、金曜日と、ちゃんと出勤しているのかは分からない。
最悪、月曜日まで待って、まだ帰ってこなければ会社に連絡を入れ、会社にも無断で欠勤していることが確実になった時点で警察に連絡しようと思っている。
もし、会社に連絡を入れてあるのならば(ずる休みであろうとそうでなかろうと)少なくとも生存だけははっきりすることになるので、その場合はもう少し待ってみようと思っている。

私にも悪いところがあるし、夫自身にもそういうところはある。
一人になりたいと言うことなので、私自身はもうコンタクトを取ろうとするのをやめようと思っている。帰る気になれば帰ってくるだろうし、そうでなければ好きなだけ一人でいればいい。それで気分が晴れるならそうしたらいい。
休み続けることで会社をクビになっても、まあ、私が仕事をすればひっそりとでも暮らしていくことぐらいはできるだろう。
ただ、自分で自分をコントロールできなくなっているようなので、それが原因で何か起こらなければいいと、それだけが心配なのだ。

どうしてこうなっちゃうのかなぁ。

夫婦のあり方と言うものをもう一度ちゃんと考えたほうがいいのかもしれない。

どちらにしても所在が明らかになって、そして家に戻ってきてもらわないと、私自身も何も前に進めない。

停滞は嫌い。
前に進もうよ。
旧blog(livedoor) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ハードなリハビリ生活

夫が帰ってこない(苦笑)
メールをしたら「一人になりたい」だそうです。

私が腰を痛めて使えなかった間、家のことをがんばりすぎて、燃え尽き症候群みたいです。
燃え尽きたら酒飲んでもいいとでも言うのでしょうか。

もう、ぐったりです。

ホント、ヤケSEXでも何でもやっちゃいたい気分です。
旧blog(livedoor) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

一人でお酒を

腹が立って腹が立って仕方がないからヤケ酒を飲んでいる。
が、一人でいくら飲んでもちっとも酔えないし、つまんない。
お酒独特の浮き立つような高揚感は、私にとっては誰かと一緒じゃないと味わえないものらしい。
旧blog(livedoor) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

いやんなるなぁ

夫は私のために一週間夏休みをずらしてとり、今日から会社に行ったのだが、何故か午後早々に帰宅し、酒をかっくらっている。
私は所要で留守にしており、帰宅してからやろうと思っていたことをやっている。
つまり、皿洗いだったり、洗濯だったり。

そして何を言うかと思えば 「言わなきゃやらねぇじゃん」

仕事をすっぽかして帰ってきて、何のつもりだ。


会社で何があったか知らないが、仕事を放棄して帰ってきて日も高いうちから酒をくらう様な夫に言われる筋合いはない。
私だってちゃんと今日の予定を考えてたんです〜。

あ〜も〜。
だから酒はいやだよ。ホント、マジ。
旧blog(livedoor) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

腰を痛めました

久しぶりのblog投稿です。
腰を痛めました。と言っても○○のしすぎで腰を使いすぎた、とかじゃなくて、ひどい腰痛で動けなくなってしまったと言うことで。
PCの前に座ることもままならず、ネット落ち状態でした。

夫の飲酒は今は収まってます。
飲みたくなる気分のときは薬を飲んでくれてます。ちょっとは家族のことも考えてくれてるんだろうか、と思うことにしています。
旧blog(livedoor) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

もう〜〜〜

馬鹿旦那!
もう酒やめろ〜〜
旧blog(livedoor) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
QLOOKアクセス解析